遊び方

『ブラッド・レイジ(BGA)』の遊び方・魅力をご紹介!

『ブラッド・レイジ(Blood Rage)(BGA)』の遊び方・魅力をご紹介!

ボードゲームの基本情報
タイトルブラッド・レイジ(Blood Rage)
特徴ブラッド・レイジでは、各プレイヤーが自分のバイキングクランの戦士、族長、船を指揮します。 ラグナロクの到来、そしてそれは世界の終わりを意味します!バイキングが栄光の炎に包まれて、オーディン付近のヴァルハラで領土を争い戦いに明け暮れるでしょう! バイキングにとって、栄光への道はたくさんあります。 報酬を得るために州に侵入して略奪したり、壮大な戦いで敵を粉砕したり、クエストを遂行したり、クランのステータスを上げたり、戦闘勝利の栄光だけでなく、究極の避けられない運命であるラグナロクでの死による栄光も重要になるかもしれません。
プレイ人数 2 - 5 人プレイ時間 53 分
ゲームデザイナーEric M. Lang複雑さ3
アートワークH.Ludvigsen, T.Masson, M.McVey, A.Smith戦略4
エディターCMON2
発売日2015やり取り3

※画像・基本情報はボードゲームアリーナ公式HPより

※ルール自体の把握のためには「ゲームの進行」から読んでも問題ありません。

ゲームの基本概念

●ゲームボード
ブラッド・レイジのゲームボードは、偉大な樹ユグドラシルによって結び付けられた9つの世界によって構成される神話の世界です。
土地は9つの地域に分けられています。
中央の地域はユグドラシルです。 外縁部には8つの地域が(3つの地方に分けられている)あります:マンハイム、アルフヘイム、ヨトゥンヘイム。
境界線を共有している地域は隣接していると見なします(ユグドラシルは他の全ての地域と隣接しています)。
各地域には3から5つの村があります。各村は1つのプラスチックフィギュアを配置する事ができます。つまり各地域はその村の数だけフィギュアを配置する事ができるという事です。
ユグドラシルは村を持たず、配置できるフィギュアの数に制限がありません。
これに加えて、外縁部の2地域の間には4つのフィヨルドがあります。各フィヨルドは、それが接続している2つの地域を援護していると言えます。
地域に影響を及ぼすあらゆる効果は、これを援護するフィヨルドにも影響を与えます。各フィヨルドに配置する船フィギュアの数に制限はありません。
最後に、ゲームボードの外周にはプレイヤーの得点の経過を追うための名誉トラックがあります。名誉を手に入れた場合はいつでも、この名誉トラック上の自分の名誉マーカーを動かします。

●氏族シート
各プレイヤーは自分の氏族を選び、対応する氏族シートで資源やステータス、強化を管理します。
氏族シートの中央を横断するのは、激情トラックです。激情は自分の通貨です。貴方がアクションを実行する時、通常は貴方の激情を支払います。貴方がどれだけ激情を消費したかを示すため、このトラックの氏族トークンを動かします。
激情トラックの下は、貴方の氏族のステータスです。これらは、激情値、戦勝名誉値、指揮値です。
激情値は各ラウンドの最初に貴方がどれだけ激情を扱えるかを示します。より多くの激情があれば、貴方はより多くのアクションを実行できます。
戦勝名誉値は戦闘に勝利した際に得られる名誉の数を示します。より多くの戦勝名誉値があれば、戦闘に勝利した際により多くの名誉を得られ、貴方の氏族を勝利へと導きます。
指揮値は盤上に一度に置くことのできるフィギュアの数を示します。数値が多いほど、より多くの戦闘ができ、より多くの地域を略奪し、より多くの血を流すことができます。
ゲームが進行するうち、氏族ステータスを増やす機会が出てきます。ステータスが1段階増える時は、氏族トークンを右のスロットに移動します。ゲーム終了時までにステータスを伝説的なレベルに達する事ができたならば、強力な名誉ボーナスを獲得できます。

●フィギュア
貴方の各フィギュア(族長、船、戦士、怪物)は攻撃力(STR)を持ちます。
ゲーム開始時、これらの数値は全て貴方の氏族シートで確認できます:族長は3、船は2、戦士は1STRを。ボード上に多くの戦力を持てば、戦闘に勝利したり、クエストを達成するのが容易になります。
これに加えて、氏族シート上に詳述されるように、族長と船は特殊能力を持ってゲームを開始します。
ゲームが進み、強化カードを氏族シートに配置する事で、自分のフィギュアを強化する事が可能になります。
これらのカードは貴方のフィギュアの新たな攻撃力や特殊能力を教えてくれます。族長と船は強化されたとしても、氏族シートに記された特殊能力は保持しつづける事に注意してください。
フィギュアが破壊された場合、それが戦闘、特殊能力、ラグナロクであろうがボードの横に置いたヴァルハラシートの上に置いてください。これらは次の時代の戦闘に参加するまで待機させます。

●カード
戦闘カード(赤)は貴方の軍隊の戦闘力を増加します。クエストカード(緑)は、神のクエストがあなたの氏族に与えられる事を意味します。これを達成したならば、大きな名誉を獲得するでしょう。強化カード(黒)は貴方の氏族の様々な面を強化します:
・戦士強化:戦士、族長、船などに戦闘力や特殊能力を与えます。
・怪物強化:ユニークな神話生物を貴方の戦いに起用する事が出来ます。
・氏族強化:氏族強化は貴方の氏族に様々な特殊効果を与えます。

ゲームの準備

●自分の氏族の準備
まず各プレイヤーはプレイするために利用可能な氏族のどれかを選び、その氏族シートを手元に置きます。
自分の氏族の族長、8体の戦士のフィギュアを受け取り、自分の氏族カラーのプラスチックベースを取り付けてください。
船フィギュアを1つ受け取り、自分の氏族カラーの帆を取り付けてください。
全ての自分のフィギュアは、自分の氏族シートの近くに保持してください。このエリアは貴方の”ストック”と呼びます。
そして追加で自分の氏族の小さいベースと大きなベースを2つずつ保持します。これらは怪物などを起用する場合に使います。
自分の名誉マーカーを受け取り、ボードの外周にある名誉トラック上の0のスペースに置きます。
自分の氏族トークンを全て受け取り、自分の氏族シートの3つの氏族ステータス(激情値、戦勝名誉値、指揮値)の最初のスペースに置きます。
これはプレイヤーのゲーム開始時のステータスを表します:6激情、3戦勝名誉値、4指揮値。
最後に、残った自分の氏族トークンを受け取り、自分の氏族シートの激情トラックに置きます。スタート時の激情値は6なので、トークンは6のスペースに置きます。

●ボードの準備
ヴァルハラシートとエイジトラックシートを置きます。
全ての略奪トークンを取り、縁が緑色のものをボード中央のユグドラシルに、報酬が記載された面を表にして置きます。
他の8つの略奪トークンをシャッフルし、ユグドラシルの周りの地域にランダムに、表向きに置きます。略奪トークンには、その地域を略奪した際に獲得できる報酬が記されています。
8つのラグナロクトークンを取り、シャッフルします。エイジトラック上の3つのラグナロクスロットに1つずつ置きます。トークンは文字のある面を表に、これはどの地域がゲームを通して破壊されるかを表します。
ラグナロクによって次に破滅に飲み込まれる地域である事を常に把握できるよう、第一エイジトラック上のラグナロクトークンによって示される地域に、ドゥームトークンを置きます。
ゲーム開始前に、いくつかの地域は既にラグナロクによって破壊されている場合、ボードから使えないものは取り除いてください。
ゲームのプレイ人数に応じてラグナロクトークンをランダムに下記の枚数をとり、”破壊された”面を表にして対応する地域に置きます。
・4人プレイ:1
・3人プレイ:2
・2人プレイ:3
残ったラグナロクトークンは箱に戻します。ラグナロクトークンが置かれた地域は、システム上ゲームの外に置かれます。その地域にはフィギュアを置くことは出来ません。

●カードの準備
カードの裏面ごとに分け、3つの異なるデッキを用意します。
プレイ人数に応じて、ゲームバランスを保つために一部のカードは各デッキから取り除く必要があります。取り除くカードは左側に3+、4+、のように小さい数字が記されています。これらは示された数字以上の人数でプレイする場合に、デッキに含める必要があるのを意味します。
・4人プレイの場合、カードは取り除きません。
・3人プレイの場合、全ての4+カードを取り除きます。
・2人プレイの場合、全ての3+と4+のカードを取り除きます。
各デッキには8枚の4+、6枚の3+カードが含まれています。取り除いたカードは箱に戻してください。そして、これら3つのデッキを個別にシャッフルし、エイジトラック上の対応する”神の恵み”スペースに伏せます。

●トークンの準備
サガトークンをストーリートラックの第一時代の最初のスペースに置きます。これが”神の恵み-時代1”のスペースです。サガトークンはプレイヤーがゲームの進行を保てるよう、各時代のフェイズからフェイズへ移動します(次の時代の1つ前まで)。
いずれかのプレイヤーにファーストプレイヤートークンを渡します。このプレイヤーはゲームの最初の時代をスタートします。ファーストプレイヤートークンは各時代の最後に左隣のプレイヤーに渡されます。

ゲームの進行

ブラッド・レイジは3つのラウンド(時代)を通してプレイされます。各時代は6つのフェイズに分けられます。
1. 神の恵みフェイズ
2. アクションフェイズ
3. 捨て札フェイズ
4. クエストフェイズ
5. ラグナロクフェイズ
6. ヴァルハラの開放フェイズ

各フェイズは以下の手順で処理し、次のフェイズに移る前に完全に終えなければなりません。各フェイズを終える際は、時代トラック上のサガトークンを次のトラック移動します。一旦最後の時代のフェイズを終えたならば、サガトークンは次の時代の最初のフェイズに、これを3番目の時代を終えるまで続け、そしてゲーム終了となります。

神の恵みフェイズ

このフェイズでは、プレイヤーはカードをドラフト(選択)します。
これらのカードは戦士や氏族の強化、怪物を戦闘に参加させ、名誉のためのクエスト、戦闘に勝利するための生命エネルギーを与えてくれます。
第二第三時代では、プレイヤーが前の時代から手札に残しているカードがあるならば、最初にこのカードを自分の氏族シートの氏族シンボルの上に伏せなければなりません。
エイジトラックの現在の時代に対応した山札から、各プレイヤーに8枚ずつ配ります。その後残った(2プレイの場合4枚)2枚のカードは、内容を見ずに取り除きます。

ドラフトは、各プレイヤーは受け取ったカードを確認し、1枚(2人プレイでは2枚ずつ)を選んで保持し、これを氏族シートに伏せます。そして全員が残りのカードを左隣のプレイヤーに渡します。
カードを選び取り左隣のプレイヤーに渡すのを、各プレイヤーが新たに6枚のカードを氏族シートに伏せるまで繰り返します。
この時点で、全員が2枚のカードを渡すことになります。ですが、これを行う代わりに、この2枚のカードは内容を確認せずに捨て札にします。
このフェイズの最後には、全てのプレイヤーは6枚のカードが手札にあるはずです。加えて前の時代から持ち越した手札。これらのカードは他のプレイヤーには非公開です。これらのカードはアクションフェイズ中に使用可能です。

◎ドラフトの各神の特色
オーディン:戦闘の内外での判定と罰。
トール:戦闘での勝利のための名誉と判定。

ロキ:戦闘での敗北に対する復讐または判定。
フリッガ:リソースとサポート。
ヘイムダル:先見性とトリッキーな動き。
ティア:戦いに勝利した時の名誉。

アクションフェイズ

これがこのゲームの主要部分であり、侵略と略奪、戦闘が行われ、そして血が流れるのです。
全てのプレイヤーは自分の氏族シート上の激情値と同等の激情を所有した状態でアクションフェイズを開始します。

ファーストプレイヤートークンを持つプレイヤーは最初に手番を行い、時計回りに進行します。
自分の手番では、1つのアクションを選び実行します。
そのアクションのコストが激情ならば(通常はそうです)、貴方はまずこのコストを支払ってからアクションを実行しなければなりません。もし貴方がそのアクションに十分な激情を支払えない場合、そのアクションは実行できません。
貴方が支払った激情に応じて激情トラック上の氏族トークンを動かします。
1つの貴方のアクションを完了したならば、貴方の手番は終了です。貴方の左隣のプレイヤーが手番を開始し、アクションを1つ実行し対応するコストを支払います。各プレイヤーはこのように手番を繰り返します。
激情が0になってしまったプレイヤーは手番中あらゆるアクションが実行できなくなります。激情の消費コストが0のアクションでさえもです。
このようなプレイヤーが出来る事は、他プレイヤーの行動に対応(他プレイヤーの開始した戦闘に参加)する事だけです。
プレイヤー達が選べるアクションは5つ(侵略、進軍、強化、クエスト、略奪)です。プレイヤー達はアクションフェイズを通して、複数回同じアクションを実行できます。そして手番には常に1つのアクションを実行します。
もしアクションを実行できないならば、あるいはもうしたくないならば、パスを選択できます。パスをしたならば、残った全ての激情を失いこれ以降のアクションは実行できなくなります。
アクションフェイズの終了:全てのプレイヤーの激情が0になったならば、あるいはまだ破壊されていない全ての地方で略奪が成功したならば(たとえプレイヤーの激情が残っているとしても)、直ちにアクションフェイズは終了します。

●侵略
貴方のプールのフィギュアから1体選び、そのSTRと同等の激情を支払います。
このフィギュアをプールから取り、外縁部の地方の任意の空いている村に配置します。
選んだフィギュアが船ならば、フィヨルドに置かなければなりません。他プレイヤーがすでにいるフィヨルドでも構いません。
このアクションでユグドラシルに直接フィギュアを配置する事は出来ません;ユグドラシルに戦士を配置するには、彼らをそこに進軍させなければなりません。
族長は侵略に一切激情をコストとしません。
注意:自分の指揮値に注意してください。もし盤上の自分のフィギュアが自分の現在の指揮値と等しいならば、これ以上のフィギュアを侵略させる事はできません。(ヴァルハラは盤上ではありません)

●進軍
貴方の戦士達に進軍を命じたならば、1激情を支払わなければなりません。
地域を1つ選び(フィヨルドは選べません)その地域の貴方の任意のフィギュアを好きな数だけ、他の1つの地域の空いている村に置きます。
移動先の地域は隣接している必要はありません、ボード上なら何処でも移動できます。船は移動できません。
1回のアクションで、2つの異なる地域からフィギュアを移動させる事はできません、また2つの異なる地域に移動させる事もできません。1つの地域から、他の1つの地域へしか進軍できません。
注意:通常、ユグドラシルに貴方のフィギュアを置く方法は、進軍アクションを用いる事だけです。ユグドラシルには村が存在せず、故にここにフィギュアを置く際に数の制限はありません。

●強化
各氏族シートには8つまで強化可能なスロットがあります:戦士、族長、船にそれぞれ1つ。怪物には2つ。氏族には3つ。
強化を実行した場合、手札から1枚強化カードを選び、そのカードのSTRの分だけ激情を支払います。
そしてそのカードを氏族シートの対応するスロットに置きます。複数のスロットに置ける場合は、どちらか自分で選んでください。
既にスロットがカードで埋まっている場合、その古いカードは捨て札にし、新しいカードをそこに置きます。
この新たな強化カードはもう永続的に効果を発動し、そこに記載された利益を貴方に与えます;貴方の軍隊のためのより強いSTRや特殊効果を。これは他をキャンセルする事はありません。

・戦士強化
族長、戦士、船の強化をプレイした時、貴方のプールに対応するフィギュアがあるならば、追加の激情を支払う事無く直ちに(つまり次のプレイヤーの手番になる前に)そのフィギュアで侵略を実行できます。

・怪物強化
怪物はゲームの流れを劇的に変える事ができる特別なフィギュアです。それぞれ強力で独特な特殊能力を備えます。
貴方が怪物を強化する際、対応する怪物フィギュアを取り、貴方の氏族のベースを取り付けたうえで、貴方のプールに加えます。
これ以降のゲーム中、貴方のものとなり、貴方のフィギュアの1つとして数えます。この時、貴方は追加の激情を一切支払う事無く、直ちにこのフィギュアを侵略に使う事ができます。
貴方の怪物は死亡したならば、通常のフィギュアと同じようにヴァルハラに送られ、次のヴァルハラ開放フェイズの際に貴方のプールに戻ります。怪物は通常のフィギュアと同様に、ラグナロクフェイズで貴方に名誉をもたらします。
貴方は同時に2体の怪物を自分の氏族に所有できます。強化スロットに新たな怪物を置くために、怪物カードを捨て札にするならば、その古い怪物フィギュアは直ちに箱に戻します。

●クエスト
手札からクエストカードを1枚取り、氏族シートの氏族シンボルの上に置く事でクエストを引き受けます。
クエストを引き受けるには一切のコストが必要ありません。貴方が各時代に引き受ける事が出来るクエストの数には制限はありません。
また同じタイプのクエストなら2枚同時に引き受ける事もできます(それぞれ独立した報酬が与えられます)。貴方はいつでも自分のクエストを確認して構いません。
このアクションフェイズ中、これらに記載された次のクエストフェイズに与えられる報酬のために、貴方は自分の引き受けたクエストの要求を達成するよう挑戦するでしょう(後述)。クエストに失敗してもペナルティは発生しません。
注意:例えクエストに支払うコストが0激情だったとしても、貴方の激情が0ならば何もアクションを実行できない事をお忘れなく。

●略奪
もし地方の略奪に成功したならば、貴方は報酬(氏族ステータスの1つを強化、あるいは名誉の獲得)を得る事ができます。
ですが、まず戦闘でその地域を占領している他のあらゆる氏族を撃退する必要があります。
略奪するには、最低でも1体は貴方のフィギュアが(あるいはその地域を援護するフィヨルドに)居る地域を1つ選択します。
この段階ではまだ略奪は成功していません(略奪トークンは”報酬”面が表になっています)。
略奪にはコストに激情を消費しませんが、激情が0の場合はあらゆるアクションが実行できない事を忘れないで下さい。略奪アクションは以下の3ステップで解決します:

○1.戦の呼び声
貴方がその地域で略奪をすると宣言したならば、他プレイヤーはその戦闘に参加するチャンスです。
手番プレイヤーの左隣のプレイヤーから順に時計回りに、(貴方も含む)各プレイヤーは望むのならば、今回略奪する地域の空いている村へ、隣接する地域から自分のフィギュアを1体移動しても構いません。
この場合フィギュアの移動にはコストとして激情を消費しません(船は移動できません)。これはその地域の村マスがすべて埋まるかもう誰も参加させないことを宣言するまで何周でも続きます。その時点で戦闘は開始されます。
注意:ユグドラシルには村が無いので、何体でもフィギュアは戦闘に参加できます。

この時点でその地域に(あるいはその地域を援護するフィヨルドに)敵のフィギュアが無いならば、戦闘はおこりません。
自動的に略奪は達成され、報酬(次頁参照)が与えられ、その地域の略奪トークンを裏返します。
注意:このの場合は戦闘に勝利しても名誉を得られません。

そうでない場合は戦闘がおこり、略奪が発生した地域にいる全てのフィギュア、またあるいはその地域を援護するフィヨルドの全てのフィギュア、これらは戦闘に参加しなければなりません。

○2.カードのプレイ
各プレイヤーは戦闘に参加した際、手札から1枚選びこれを手元に伏せなければなりません(手札にカードが残っていない場合は除く;この場合、カードを出す必要はありません)。
そして、この選んだカードを全員で同時に公開します。公開したカードがbattleカードならば、戦闘に参加している貴方のフィギュアの合計STRに強化ボーナスが追加されます。
また、カードに記されたあらゆる特殊効果もこの時点で発動します。
しかし、貴方が公開したカードがupgdadeやquestカードならば、これらはSTRをもたらしませんし、何の効果も発動しません。
各氏族の関係あるフィギュアの各STRを合計し、彼らがプレイしたbattleカード(があるならば)のSTRボーナスを加えます。これが今回の戦における彼らの氏族のSTRとなります。
注意:STRを比べる前に、カードの特殊効果によって戦闘に参加するフィギュアをすべて失うような場合、これはその氏族は戦闘に参加しなかったと見なします。
戦闘の過程でフィギュアが破壊されたならば、プレイした戦闘カードが十分なSTRを持つならば、まだ戦闘に勝てる可能性があります。
プレイヤーがカードを公開した後でも、一部の特殊戦闘カードは戦士の戦闘力を増加するのに使用できます。
これらの特殊カードは白い円で囲まれたSTRボーナスを持ち、カードが公開されたがまだ勝者を決定する前にプレイできるとテキストで記されています(通常のタイミングでもプレイできます)。
略奪するプレイヤーはこれらの特殊カード1枚によってSTRを追加する最初のチャンスを持ち、全員が何もしたくないと望むまで時計回りの順に進行します。

○3.解決
合計で最もSTRの高いプレイヤーが戦闘に勝利します。
タイの場合、戦闘に参加した全てのプレイヤーが負けます。
戦闘の勝者は、(もしあるなら)プレイしたカードを全て捨て札にしなければなりません。
負けたプレイヤーはカードを手札に戻します。
全ての負けたプレイヤーはこの戦闘に参加した全てのフィギュア(この地域を援護するフィヨルドの船フィギュアも含む)を破壊され、ヴァルハラシートに置きます。
略奪を開始したプレイヤーが戦闘に勝利したならば、彼らはその地域を略奪し、略奪トークンに記された報酬(下記参照)を獲得します。トークンを”pillaged(略奪済)”の面にします。これは次のエイジまで再び略奪する事が出来ない事を意味します。
略奪者が戦闘に勝利できなかった場合、その地域は略奪されず、誰も略奪の報酬を得る事はありません。
どのプレイヤー(先ほどの略奪者を含む)でも、このフェイズ中この地域を略奪する事に再度挑戦することが可能です。
最後に、この戦闘の勝者には、略奪者であろうとなかろうと、名誉が与えられます。それぞれ自分の氏族シートに表示された、現在の戦勝名誉値に等しい数の名誉ポイントを獲得します。

◆略奪報酬
赤いトークン:
この地域で略奪に成功した場合、貴方の氏族の激情値を1つ上昇させます。このフェイズ中は追加の激情を得られる事はありませんが、次のエイジ以降により多くの激情を持ってスタートする事になります。
青いトークン:
この地域で略奪に成功した場合、貴方の氏族の戦勝名誉値を1つ上昇させます。これは戦闘に勝利した際に獲得する名誉を直ちに強化します。この戦闘も含みます。
灰色のトークン:
この地域で略奪に成功した場合、貴方の氏族の指揮値を1つ上昇させます。
数字のトークン:
この地域で略奪に成功した場合、5名誉点を獲得します。
ユグドラシル:
ユグドラシルで略奪に成功した場合、貴方の氏族の3種類全てのステータスが1つ上昇します。

捨て札フェイズ

全てのプレイヤーはまだ手札に残っているカードを捨て札にしなければなりません。
次の時代に持ち越せるカードは1枚だけです(持っているのなら)。第3時代ではプレイヤー達は全てのカードを捨て札にし、完全に手札が無い状態にします。

クエストフェイズ

各プレイヤーは自分が引き受けたクエストカードを全て公開します。
もし自分のクエストの要求を満たしていたならば、貴方はそのカードに記載された数の名誉を獲得し、氏族ステータスの中から1つ上昇させる事が出来ます。
クエストを達成できなかったならば、貴方は何も得ませんし、何も失いません。成功したかどうかにかかわらず、全ての公開されたクエストカードは捨て札にします。
大抵のクエストは特定の地域で最も多くのSTRを持っている事が要求されます。
その地域における(援護するフィヨルドも含む)貴方の各フィギュアのSTRを合計し、その同じ地域での他の各氏族のSTRの合計と比較します。合計値が最も大きいならば、クエストを達成できます。競争相手と同点ならば、クエストに失敗した事になります。

ラグナロクフェイズ

現在のラグナロクスロットのトークンを取り、”destroyed(破壊済)”の面を表にし、ドゥームトークンが置かれた地域にこれを置きます。この地域は永遠に破壊され、ゲームから除外されます。
ラグナロクで地域が破壊された場合、その地域の全てのフィギュア、また援護するフィヨルドのフィギュアは死亡しヴァルハラに置かれます。
各フィギュアの属する氏族は少しの名誉を獲得します。与えられる名誉の数は、エイジトラックの各ラグナロクスロットに示されています。
ラグナロクで破壊された各フィギュア(怪物も含む)は、第一エイジでは2名誉、第二エイジでは3名誉、第三エイジでは4名誉をもたらします。
そして、次のエイジのラグナロクトークンに示された地域に、ドゥームトークンを置きます。

ヴァルハラ開放フェイズ

各時代の最後に、プレイヤーは神から最後の贈り物を受け取ります:ヴァルハラの全てのフィギュアは本来の持ち主に返されます。
ヴァルハラシートの全てのフィギュアを各プレイヤーのプールに戻します。ゲームボードの上に一切のフィギュアは残っていません。

時代の終わりと得点計算

次の時代に移る前に、ボード上の全ての略奪トークンを”reward(報酬)”の面を表にします。これらのトークンはリシャッフルしません;ゲームを通して同じ地域に置き続けます。

ファーストプレイヤートークンを左隣のプレイヤーに渡します。そして、エイジトラック上のサガトークンを次のエイジの最初のフェイズに置きます。
新しい条件で神の恵みフェイズを開始します。
新しい各時代では、より大きな名誉を提供され、それらの贈り物はSTRとパワーで成長します。そしてラグナロクで少なくなっていくボード上の土地のはより大きな衝突に至り、土地を破壊し続けます。

第三時代のヴァルハラ開放フェイズが完了したならば、世界は終焉を迎え、ゲームも終了します。
この時点で最も多くの名誉を獲得した氏族が、ヴァルハラの次のオーディンの玉座に座るのです。
ですが、計算上最後に1つボーナスがあります。プレイヤー達は自分の氏族の伝説的レベルに達しているステータスから名誉ボーナスを獲得します。ゲーム終了時にのみ、各プレイヤーは自分の氏族のステータスが第4、あるいは第5スペースに達している各ステータスから10名誉を獲得します。最終スペースに達しているステータスからは20名誉です。
タイブレークはありません。

ABOUT ME
くり坊
Web系フリーランスエンジニア