遊び方

『ヘッキン ハウンズ(BGA)』の遊び方・魅力をご紹介!

『ヘッキン ハウンズ(Heckin Hounds)(BGA)』の遊び方・魅力をご紹介!

ボードゲームの基本情報
タイトルヘッキン ハウンズ(Heckin Hounds)
特徴ヘッキンハウンズは、冥界にいる熟練犬を散歩させながら危険を探る2〜7人用のトリックテイキングゲームです。 プレイヤーには、ハデスが蒐集しているハウンドの散歩という仕事を任されます。仕事を上手くこなし過ぎると、ハデスはあなたを管理職に昇進させます - それは誰もが恐れ戦く責務です。しかしサボり過ぎると、代わりにあなたは豪華な犬の餌へと成り果てるでしょう。 このゲームはあなたの手札を相手側に向けてプレイするので、持っているハウンドの内訳を知ることができません。ラウンドごとに異なるプレイヤーが、シフトリーダーとして従事します。このプレイヤーは、自分を含む全員の手札を見ることができます。シフトリーダーは各プレイヤーに、各々が持っているハウンドに関して3回の手がかりを与えます。手がかりがどれほど役立つか、役に立たないか、または惑わされるかはあなた次第ですが、それらの手がかりは真実です。シフトリーダーはまた、ケルベロスを一人のプレイヤーに割り当てます。ケルベロスは全てのトリックに勝つ切り札の子犬です。 プレイヤーは運を管理するタイミングが幾度かあり、自分の手札と他プレイヤーの手札にある限られた情報に基づいて、シフトを何回こなす(トリックをいくつ取る)かを約束する必要があります。 カードがプレイされ、トリックが獲得され、新しいラウンドが始まります。 全員がシフトリーダーをこなしたらゲームは終了します。マイナスを除いた、点数が最も少ないプレイヤーは、解雇されることなく、かつ必要最低限の仕事をこなしたのでゲームに勝利します! なので、ヘッキンハウンズはかろうじて適切なゲームです。
プレイ人数 2 - 7 人プレイ時間 35 分
ゲームデザイナーMattie Schraeder複雑さ3
アートワークLauren Brown戦略3
エディターSapphire City Games3
発売日2022やり取り3

※画像・基本情報はボードゲームアリーナ公式HPより

概要

ヘッキンハウンズは、冥界にいる熟練の犬を散歩させながら危険を探る2〜7人用のトリックテイキングゲームです。

プレイヤーはハデスが蒐集しているハウンドの散歩という仕事を任されます。
仕事を上手くこなし過ぎると、ハデスはあなたを管理職に昇進させます – それは誰もが恐れ戦く責務です。
しかしサボり過ぎると、代わりにあなたは豪華な犬の餌へと成り果てるでしょう。

シフトリーダー以外のプレイヤーは基本的には自分の手札を見ることはできません。
ですが、その代わりにシフトリーダーは手札についてヒントを出さなくてはなりません。

カード

以下のカードを使います。
・6種類のスート(犬)
各スートには1からN+1までのカードがあります。Nはプレイ人数です。
例:2人プレイの場合各スートには1,2,3のカードがある。

スートの強さは以下の通りです。
デスポー>ポールグレイブ>スダチ>トム・ダイア>イビル・モリー>モップ

・ケルベロス
ケルベロスは最強のカードです。

ラウンドの開始

ディール
モップとケルベロス以外のカードをシャッフルし、プレイヤーに5枚ずつ配ります。
配られなかったカードとモップでデッドハンド(カードの交換フェイズで使う)を作ります。

シフトリーダー
シフトリーダーは以下の行動を行います。

〇どのスートを「バッドドッグ」にするか決める
バッドドッグはタイブレークに使用されます。同点の場合、バッドドッグを獲得した枚数の少ない人が勝ちます。

〇各プレイヤーの手札について3つのヒントを与える

出せるヒントは3種類あります。
・特定の数字/スートのカード(その数字/スートのカードが2枚以上必要。該当する全てのカードにヒントを付ける)
・1枚のカードの全情報

〇ケルベロスを割り当てるプレイヤーを決める。
ケルベロスを受け取ったプレイヤーは代わりに1枚のカードを捨てます。

その後、シフトリーダーから順番に「カード交換」と「約束(ビッド)」を行います。

カードの交換
プレイヤーは手札1枚をデッドハンドのカードと交換できます。
交換しなくても構いません。

約束(ビッド)
プレイヤーはこのラウンドで何トリック取るか宣言します。

トリックテイキング

最初のリードプレイヤーはシフトリーダーです。
その後は前トリックの勝者がトリックをリードします。
マストフォローなどのルールはありません。任意のカードをプレイできます。

全ての手札がプレイされたらラウンド終了です。
約束とシフト(勝ったトリックの数)の違いが得点に加算されます。
また、獲得したバッドドッグのカードの枚数が記録されます。

ゲーム終了

規定のラウンド数を終えたらゲーム終了です。
マイナスではないプレイヤーの中で、1番低い点数の人が勝利します。
同点の場合は獲得したバッドドッグ枚数の少ない人が勝ちです。

ABOUT ME
くり坊
Web系フリーランスエンジニア