遊び方

『ピロス(BGA)』の遊び方・魅力をご紹介!

『ピロス(Pylos)(BGA)』の遊び方・魅力をご紹介!

ボードゲームの基本情報
タイトルピロス(Pylos)
特徴ピロス(Pylos)はDavid G. Royffeによってデザインされ、Gigamicによって発行されたゲームです。
プレイ人数 2 人プレイ時間 6 分
ゲームデザイナーDavid G. Royffe複雑さ2
アートワーク戦略4
エディターGigamic0
発売日1994やり取り0

※画像・基本情報はボードゲームアリーナ公式HPより

・ゲームの流れ

 交互に1つずつボールを設置していきます。ボールが4つ四角く並ぶと、その上にもボールを置くことができます。

 パスをすることはできません。ピラミッド状に積み重ねていき、最後の1つを置いたプレイヤーが勝利となります。

・自分の手番ですること

 自分の手番が来たらボールを置かなければなりません。手持ちからボールを置く。または、すでにボード上にある、上に誰のボールの乗っていない自分のボールを四角の上に乗せ直すこともできます。

・勝敗の決し方

 最後の1つを置いたプレイヤーが勝利となります。上に乗られたボールは動かすことができなくなるので、相手のボールを土台にすることで、相手により多くのボールを置かせれば、勝利しやすくなります。(ボールが尽き、前項の移動もできなくなった場合、以降頂点まで手持ちのボールの残っているプレイヤーが全て出し勝利します)。

・スクエア

 自分のボール4つで四角を作ると、1つのボールを手持ちに戻すことができます。そして、もう1つボールを手持ちに戻すかどうかを決めることができます。なお、上にボールが乗っているボールは戻せません。

 また、ルール選択によって、スクエアルールの無い子供用のルールと、先手後手の有利不利を是正するために直線状に4つ(最下層の場合。下から2番目の段では3つ。それより上では無効)の自分の玉を並べることでスクエアと同じ義務権利を得るルールがあります。ある程度慣れてきたらこの直線ルールでやってみるのも良いかもしれません。

ABOUT ME
くり坊
Web系フリーランスエンジニア