遊び方

『ツォルキン: マヤ神聖歴(BGA)』の遊び方・魅力をご紹介!

『ツォルキン: マヤ神聖歴(Tzolk'in)(BGA)』の遊び方・魅力をご紹介!

ボードゲームの基本情報
タイトルツォルキン: マヤ神聖歴(Tzolk'in)
特徴ツォルキン: マヤ神聖歴(Tzolk'in)はDaniele Tascini & Simone Lucianiによってデザインされ、Czech Games Editionによって発行されたゲームです。
プレイ人数 2 - 4 人プレイ時間 36 分
ゲームデザイナーDaniele Tascini, Simone Luciani複雑さ4
アートワークMilan Vavroň戦略4
エディターCzech Games Edition1
発売日2012やり取り0

※画像・基本情報はボードゲームアリーナ公式HPより

このゲームの目的

歯車が26目盛り動くまでに、信仰を上げたり建物や記念碑を建てたりしてできるだけ多くの勝利点を獲得したプレイヤーが勝利します。

1ラウンドの流れ

– 各プレイヤーが順番に行動します。

– 食料供給日の場合、ワーカーにコーンを与えます。また、信仰に応じて報酬を獲得します。

– 歯車が動きます。

プレイヤーができる行動

コーンを乞う

コーンが2個以下の場合、任意の祭壇の信仰を1段下げることでコーンを3個に増やせます。

ワーカーを歯車に挿すか歯車から抜く

ワーカーを歯車に挿す場合、同時に挿すワーカーの個数や挿す歯車の位置によってコーンを消費します。

ワーカーを歯車から抜く場合、その場所に書かれているアクションを実行するか、コーンを消費して(”○○の任意のアクションを行う” と書かれたアクションを実行する場合はこの限りではありません)下のほうにある段のアクションを実行できます。

1ターンで抜き挿しを両方行うことはできません。また、パスはできません(少なくとも1個はワーカーを挿すか抜く必要があります)。

焼き畑(木材タイルを取る際それを捨てて下のコーンタイルを取る)は任意の寺院1つの信仰度を1下げる事によって実行できます。

食料供給日

中央の大きい歯車の歯がオレンジもしくは青のラウンドは食料供給日です。ラウンド終了時に下のことが行われます。

ワーカーにコーンを与える

ワーカー1個あたりコーン2個を消費します。コーンが足りない場合、コーンを与えられなかったワーカー1個につき勝利点を3点失います。

資源を獲得する(オレンジの歯のとき)

各プレーヤーは、各祭壇において自分がいる段とそれより下に書かれている資源を全て報酬として獲得します。

勝利点を獲得する(青の歯のとき)

各プレーヤーは、各祭壇において自分がいる段に書かれている勝利点を報酬として獲得します。

また、各祭壇の一番上の段にいるプレーヤーはそれぞれ追加の勝利点を獲得します。一番上の段に複数のプレーヤーがいる場合、その全員が本来の半分の勝利点を獲得します。

建物が第二世代になる(1回目の青の歯のとき)

第一世代の建物がなくなり、第二世代のものに置き換わります。既に建設された建物には影響ありません。

スタートプレーヤースペース

ラウンド終了時に誰もスタートプレーヤースペース(ゲーム画面左)にワーカーを挿していない場合は、歯車が1目盛り動いて中央の大きな歯車にコーンチップが1個乗ります。

誰かがスタートプレーヤースペースにワーカーを挿していた場合、そのプレーヤーは下の3つのことを行います。

– 中央の大きな歯車に乗っているコーンチップを全て獲得します。

– 次からスタートプレーヤーになります。ただし既にスタートプレーヤーだった場合はその1つ次のプレーヤーがスタートプレーヤーとなります。

– プレーヤーボードを裏向きにすることで、歯車を1目盛りではなく2目盛り回すことを選択できます。ただし、それを行うには、プレーヤーボードが表向きであることかつその行動によって歯車からワーカーが弾かれるプレーヤーがいない必要があります。歯車を2目盛り回しても食料供給日はスキップされません。いずれかの祭壇で一番上の段に達することで、プレーヤーボードを表向きに戻すことができます。

ABOUT ME
くり坊
Web系フリーランスエンジニア