遊び方

『ドラフトサイダー(BGA)』の遊び方・魅力をご紹介!

『ドラフトサイダー(Draft Cider)(BGA)』の遊び方・魅力をご紹介!

ボードゲームの基本情報
タイトルドラフトサイダー(Draft Cider)
特徴ドラフトサイダーは、リンゴ園をテーマにしたドラフトゲームです。プレイヤーは異なるバッチでカードをプレイし、それぞれが満たさなければならない独自のルールを持っています。得点計算システムに存在する数学のインスピレーションに基づいています。 このゲームは2-6人用にデザインされていますが、ソロでも遊ぶことができます。
プレイ人数 1 - 6 人プレイ時間 7 分
ゲームデザイナーJoe Webb, Jason Stanford複雑さ3
アートワークJason Stanford戦略3
エディターJ&J Games3
発売日2022やり取り0

※画像・基本情報はボードゲームアリーナ公式HPより

ゲームプレイ

プレイヤーは1枚のボード(果樹園)を持っています。
各ラウンドの開始時に、プレイ人数×3枚(3/6人でプレイする場合は2枚)のカードが場に置かれます。
プレイヤーは手番ごとに1枚ずつカードを選びます。
そして、これを自分の可能な範囲で任意のロット(グループ)に配置します。
最近りんごやりんごを使った製品を食べた人が最初のファーストプレイヤーになります。(この機能はBGAにはまだ実装されていないようです)
各フェイズの開始時にファーストプレイヤーは交代します。
4ラウンド目の終了後、ゲームは終了します。
最も得点の多いプレイヤーが勝者です。
同点の場合、多くの異なるロットにより多くカードを持っているプレイヤーが勝ちとなります。

ロット

リンゴカードには色と糖度と大きさがあります。

同じ色 全てのリンゴが同じ色。得点:三角数
例:1、3、6、10、15、21、28、36、45、55、66、78

羽のリンゴ 「糖度」または「大きさ」が同じ。得点:n(n-1) nはカードの枚数
例:0, 2, 6, 12, 20, 30, 42, 56, 72, 90, 110, 132

特別な色 この色のリンゴが他の([規格外]でない)ロットになければ20点。[規格外]以外にこの色をプレイしたら0点。[規格外]以外の場所にその色のカードがある場合はプレイできない。

不吉な数字の糖度 糖度の合計が13。カードの糖度は互いに1以内。 得点:(カード枚数)^2、糖度が合計13でなければ0点
例:4が2枚と5が1枚で3枚なので、9ポイント
9, 16, 25, 36, 49, 64, 81, 100, 121, 144

大きさの強弱 得点:各ペアの大きさの差*2です。ペアとペアの高さの差が同じでなくても構わない。
例)大きさ1&5=8ポイント。2&3=2点 最大:48点

スイートカップル 同じ糖度のペアで7点。全てのペアの甘さが同じでないとプレイできない。最大:42点

安定した大きさ 大きさが前のカードから1つ以内であること。例:3-3、3-2、3-4 得点:3以上の素数 例:3、5、7、11、13、17、19、23、29、31、37、41 マックス:41

規格外 ここに置いたリンゴ1つにつき-1点。(イージーモードでは0/1点) 最大:-12点

ソロバージョン

このバージョンでは、あなたの対戦相手は運だけです。どのカードが出るかわからない中で、できるだけ高い得点を得ることが目的です。

ABOUT ME
くり坊
Web系フリーランスエンジニア