遊び方

『メガロマニア(BGA)』の遊び方・魅力をご紹介!

『メガロマニア(Megalomania)(BGA)』の遊び方・魅力をご紹介!

ボードゲームの基本情報
タイトルメガロマニア(Megalomania)
特徴ここは傲慢に満ちた世界。農夫が皇帝に、ドワーフが最高位になれる場所。 探検家の道が全て成立するとは限りません。騎士の盾は魔法使いから守ってはくれませんし、オラクルは変装して現れるかもしれませんし、暗殺者は予期せぬ時に突然現れるので、誰が本当のオラクルなのかは分かりません。 メガロマニアは、2~4人用のトリックテイキングです(ペア戦もできます)。プレイヤーは、パワー クリスタル、キューブ、スクロールを駆使してミッションを完遂し、点数を獲得します。 ゲーム終了時に最高得点のプレイヤーがゲームの勝者です。
プレイ人数 2 - 4 人プレイ時間 42 分
ゲームデザイナーVakho Inoridze複雑さ3
アートワークGaga Turmanishvili戦略3
エディターBGERA games3
発売日2022やり取り3

※画像・基本情報はボードゲームアリーナ公式HPより

メガロマニア(Megalomania)とは?

ここは傲慢に満ちた世界。
農夫が皇帝に、ドワーフが最高位になれる場所。
探検家の道が全て成立するとは限りません。騎士の盾は魔法使いから守ってはくれませんし、オラクルは変装して現れるかもしれませんし、暗殺者は予期せぬ時に突然現れるので、誰が本当のオラクルなのかは分かりません。

メガロマニアは、2~4人用のトリックテイキングです(ペア戦もできます)。
プレイヤーは、パワークリスタル、キューブ、スクロールを駆使してミッションを完遂し、点数を獲得します。

最強のカードが存在しないゲームです。
戦術とタイミングさえ間違えなければ、最も価値の高いカードである「皇帝」を、最も価値の低いカードである「農夫」で倒すことも可能です。
ゲーム中には様々なミッションがあり、最も多くのポイントを獲得したプレイヤーが勝者となります。

メガロマニア(Megalomania)の遊び方

ゲームの準備

このゲームは4色x8枚(15/12/9/7/6/4/2/1)=計32枚のカードで構成されています。
ミッションとスクロールの山札をシャッフルして、ゲームテーブルに裏向きで置きます。
パワークリスタルとキューブを山札の近くに置きます。
トランプをシャッフルして、プレイエリアの中央に置きます。

ゲームの流れ

ディーラーの左プレイヤーは、ラウンドの最初にカードをリードします。(リードカラー)
どのカードでもリードできます。手番は時計回りに進みます。

毎ターン全プレイヤーは、リードカラーのカードを出さなければなりません。
その色を持っていないプレイヤーは、ドミナントカラー(切り札)のカードを出さなければなりません。
どちらの条件も満たさない場合は、どのカードでも出すことができます。

トリックのルール

トリックは、ドミナントカラーの中で一番大きいカードを出したプレイヤーが取ります。
ドミナントカラーがない場合は、リードカラーの中で一番大きいカードを出したプレイヤーが取ります。
同値の場合は、先に出されたカードが上位です。
トリックを取ったプレイヤーは、次の手番をリードします。

ゲームの終了条件

ゲーム終了時にプレイヤーの点数を集計します。
12ラウンド終了後(ショートは8ラウンド)、完了したミッションに応じて各プレイヤーの点数が集計されます。
未使用のスクロールを1つ以上持つプレイヤーはさらに2ポイント獲得します。
点数を合計して最も高い人が勝者となります。
同点なら、マイナス点がより少ないプレイヤーが勝者となり、マイナス点が同じなら、未使用のスクロールを持っていないプレイヤーが勝者となります。

ミッションと点数システム

このゲームには25種類のミッションがあります。
ミッションカードには、そのタスクと、タスクを完了した場合に対応するスコアが記されています。

ミッションの内容によって、プレイヤーは点数を得るか失います。
プレイヤーが固定点を得るか失うかのミッションと、変動点を得るか失うかのミッションの2種類があります。
ミッションカードには、固定点と変動点、カードを配るルール、タスク、点数などが記されています。

リソース

パワークリスタル – カード固有のパワーを活性化します。
キューブ – カードの値を増減させることができます。
スクロール – プレイヤーにアドバンテージを与え、ミッションの達成を助けるサポートカードです。
(注:未使用のスクロールのみが次ラウンドに持ち越され、クリスタルとキューブは持ち越されません。)

カードごとの説明

カード名前
皇帝
(15)
【パワーの無効化】※1ターンに1回
他プレイヤーはパワーやキューブを使用できません。皇帝パワー前に使用したパワーとキューブは有効です。
オラクル
(12)
【色の変更】
プレイヤーは自分がプレイしたオラクルの色を変更することができます。ドミナントカラーには変更できません。
騎士
(9)
【切り札の解除】※1ターンに1回
他プレイヤーのプレイするドミナントカラーはアドバンテージを失います。騎士パワー前に出されたドミナントカラーは有効です。
魔法使い
(7)
【強制的に一番小さいカードを出す】※1ターンに1回
他プレイヤーはリードカラーの中で一番小さいカードをプレイしなければならず、リードカラーがない場合は、ドミナントカラーの一番小さいカード、そのいずれも満たさない場合は、どの色の一番小さいカードでもプレイできます。
ドワーフ
(6)
【値の逆転(革命)】※1ターンに1回
ドミナントカラーのカードの中で最も小さい値を出したプレイヤーがトリックを取ります。ドミナントカラーが出なかった場合は、リードカラーのカードのうち最も小さい値を出したプレイヤーがトリックを取ります。
探検家(4)【カードを発見する】※最初のターン使用不可
プレイヤーは以前のトリックからランダムに1枚のカードを取り、手札と交換できます。1ターンに複数のプレイヤーが探検家パワーを使用した場合、最初に使用したプレイヤーが先に取り、そこから時計回りの順番です。
暗殺者
(2)
【どの色でもプレイできる】
リードカラーが何色であっても、たとえ他のカードをプレイしなければならない場合でも、暗殺者カードをプレイできます。
農夫
(1)
【次ターンのリードプレイヤーを選ぶ】※1ターンに1回
プレイヤーは、最後のトリックを誰が取ったかにかかわらず、次ターンのリードプレイヤーを選ぶことができます。(自分を含む)

スクロールの効果

スクロール効果
1【ドミナントカラーの変更】
ドミナントカラーを指定した色に変更する。
2【指定した色のカードを各プレイヤーから貰う】
指定した色のカード(ドミナントカラー以外)を相手から1枚もらい、自分のカードを渡す。(貰ったカードでもOK)(全プレイヤー分繰り返す)。相手がその色を持っていなかった場合は相手が好きな色のカードを選んで渡してくる。
3【ミッション成功時の獲得ポイント2倍】
ミッション成功した時に、獲得するポイントが2倍になる。
4【手札を配り直す】
手札の配り直しを行う。この時、ミッションは変更されない。
5【新しいスクロールを引く】
新しいスクロールを引き、このスクロールはゲーム終了まで保持します。
6リソース獲得フェイズをとばす
7前に使用されたスクロールを選んで使用。(人が使用したものでもいい)
8スクロールを3枚引いて1枚キープ。キープした1枚はこの(8を起動した)ラウンドに使うこともできる。
9リソースを組み合わせて選べる。(3クリスタル5キューブなど)スクロールは選べないし、同じものを2回は選べない。(4クリスタルは無理)
10ラウンド中に、獲得された1トリックを奪うことができる。カードも奪ったものとして扱う。
11ポイント固定のミッションでのみ使える。ラウンド終了時に獲得トリック数の調節ができる。
12獲得トリック数分ポイントがもらえる。
13他のプレイヤーと手札の交換(丸ごと)ができる。
14使用ラウンドで毎ターン、他のプレイヤー全員が出した後にカードを出すことができる。
15リソース獲得フェイズで他のプレイヤーが選んだリソース(スクロールだともらえない)も自分のに追加して得られる。
16そのラウンドの1ターン限定でトリックを取ることができる?100%ではないが取らないために使うこともできる?
17即時で3ポイント得る
18クリスタルを1つ得られ、そのクリスタルは他のプレイヤーのカードの能力の発動にも使うことができる。
19プレイヤーを選んでそのプレイヤーがそのラウンドずっとリードプレイヤーになる。自分も選べる。
20ラウンド中、カードの能力発動時にそのカード以外の能力(ex.皇帝出しながらドワーフの能力を発動)を使うことができる。

ミッション一覧

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
番号手札ポイント
固定/変動
説明
18枚固定ちょうど3トリック取ったプレイヤーが3ポイント。
28枚固定すべての色のカードを取ってしまったプレイヤーがポイントを失う。
38枚変動獲得した青カード1枚につき1点。
48枚変動獲得した黄色カード1枚につき1点。
58枚固定4トリック以上取ったプレイヤーにポイント。
68枚固定ドワーフと魔法使いを取らなかったプレイヤーにポイント。
78枚変動カードの数値の合計が25以下のトリック1つにつき2点獲得。
88枚固定すべての色が含まれたトリックを取ったプレイヤーがポイントを獲得。
98枚変動獲得した赤カード1枚につきマイナス1点。
108枚変動獲得した黒カード1枚につきマイナス1点。
118枚固定獲得したカードの数値の合計が80以上のプレイヤーがポイント。
127枚固定奇数トリックを獲得したプレイヤーがポイントを失う。
136枚(3枚表)固定3枚公開した状態でラウンドが始まる。公開したカードはそのまま出す。
(更に他のカードを公開するわけではない)。
ちょうど1トリックとったプレイヤーがポイント。
146枚固定トリックごとにドミナントカラーがめくられたカードで決まる。
ちょうど2トリックとったプレイヤーが2点獲得。
156枚固定6枚のカードを見てスクロールの使用とリソースを決める。
手札の出す順番を最初に決めてその順で出す(キューブやクリスタルの使用は出したタイミングで決める)。
1番多くトリックをとったプレイヤーがポイント。
168枚固定4トリック以上取ったプレイヤーがポイントを失う。
177枚固定ちょうど2トリック取ったプレイヤーがポイントを失う。
188枚(4枚表4枚裏)変動伏せられたカードの上に表のカードが重ねられ、上のカードをプレイするとしたのカードを手札にできる。
獲得したトリック1つにつき1点。
198枚(4枚裏)変動裏の4枚を重ねて、手札を使うたびに1枚ずつ引いて手札にする。手札しかプレイできない。
ドワーフと魔法使いのカード1枚につき1ポイント。
208枚固定8枚のカードを見てスクロールの使用とリソースを決める。
その後対面のプレイヤーにカードをすべて渡す。対面がペア。
獲得トリックが多いペアがポイント。
218枚固定8枚のカードを見てスクロールの使用とリソースを決める。
その後対面のプレイヤーにカードをすべて渡す。対面がペア。
獲得トリックが少ないペアがポイントを失う。
226枚固定カードを出すごとに、残りの手札をすべて右のプレイヤーに渡す。
最も多いトリックを獲得したプレイヤーにポイント。
238枚変動色ごとに1番カードを獲得したプレイヤーに2ポイント。
獲得した枚数が同数だった場合ポイントはなし。
248枚→4枚固定8枚のカードを見てスクロールの使用とリソースを決める。
8枚の手札を4枚ずつの山札に自分で分け、隣のプレイヤーに中身を見せずに選ばせる。
残りはこのゲーム使わない。(選ばれた4枚でこのラウンドを行う。)
トリックを取らなければポイント。
258枚変動8枚のカードを見てスクロールの使用とリソースを決める。3枚隣のプレイヤーに渡す。
獲得トリック1トリックにつき1ポイント失う。
ABOUT ME
くり坊
Web系フリーランスエンジニア