遊び方

『妖怪(BGA)』の遊び方・魅力をご紹介!

『妖怪(Yokai)(BGA)』の遊び方・魅力をご紹介!

ボードゲームの基本情報
タイトル妖怪(Yokai)
特徴妖怪たちは大混乱中です! 彼らの魂は互いに混じり合ってしまいました。 彼らを鎮めるためには、家族ごとに彼らをグループ化してあげる必要があります。 妖怪はコミュニケーションが制限された協力ゲームです。 妖怪を移動させて家族ごとに隣接するように集めていきます。 他のプレイヤーの行動から意図を推察し、裏向きのカードの妖怪を推測するのに役立つヒントを配置してください!
プレイ人数 2 - 4 人プレイ時間 8 分
ゲームデザイナーJulien Griffon複雑さ3
アートワークChristine Alcouffe戦略4
エディターBankiiiz Editions2
発売日2019やり取り4

※画像・基本情報はボードゲームアリーナ公式HPより

概要

妖怪(Yokai)はコミュニケーションが制限された協力ゲームです。
プレイヤーは、全ての妖怪を家族ごとにグループ化することを目指します。
ゲーム終了時に、4種類の妖怪がそれぞれ1つに集まっていれば勝利です。

初期配置

妖怪カードはシャッフルされ、4×4に配置されます。
妖怪カード:キツネ(赤),カッパ(緑),ろくろ首(紫),鬼(青) 各4枚
プレイヤー数に応じて、ヒントカードの山が1つ作られます。
2人:7枚
3人:9枚
4人:10枚

ヒントカードの配分

2人プレイ:1色×2,2色×3,3色×2
3人プレイ:1色×2,2色×4,3色×3
4人プレイ:1色×3,2色×4,3色×3

ターン

  1. 2枚の妖怪カードを覗く。

それらが隣接している必要はありません。

  1. 表向きのカードを移動させる。

移動後も、16枚のカードは1つに固まっている必要があります。

  1. ヒントカードを引いて公開する。または、公開されたヒントカードを妖怪カードの上に置く。

ヒントカード付きの妖怪は、見たり動かしたりできません。

ゲームの終了

ゲームは次の場合に終了します。

  • アクションを実行する代わりに、全ての妖怪が家族ごとにグループ化されている、と宣言する。
  • 全てのヒントカードが使用される。

ゲームが終わったら全ての妖怪を裏返します。
妖怪が家族ごとにグループ化されている場合、プレイヤーが勝ちます。そう出ない場合、プレイヤーは負けます。

スコア

勝利したプレイヤーは以下のスコア計算を行います。
1pt:正確なヒントカード1枚ごと
-1pt:誤ったヒントカード1枚ごと
2pt:公開されていて、使われていないヒントカード1枚ごと
5pt:公開されていないヒントカード1枚ごと

勝利ランク

0~10pt:名誉ある勝利
11~14pt:輝かしい勝利
15pt~:伝説的な勝利

レベル

特定のレベルで勝利すると、次のレベルが解放されます。好みに応じてレベルを変更できます。
レベル1:基本ルール
レベル2:ファーストプレイヤーにのみ表示される、ランダムな同類カードが追加されます。同類カードには2つの種族が書かれています。この2種族は1つの種族として扱います。すなわち、ゲーム終了時に接続していなければなりません。
レベル3:ヒントカードを公開する時、1つに積み重ねます。1番上のヒントカードのみを配置できます。
レベル4:ヒントカードを裏向きで場に出します(裏向きのまま公開)。ヒントカードを使う時まで、それが何のヒントカードか知ることができません。
レベル5:ランダムな目的カードを追加します。これは、全てのプレイヤーに表示されるミッションです。ゲーム終了時に、記載された条件を満たしている必要があります。

ABOUT ME
くり坊
Web系フリーランスエンジニア