遊び方

『クラッシュ・オブ・デッキ(BGA)』の遊び方・魅力をご紹介!

『クラッシュ・オブ・デッキ(Clash of Decks)(BGA)』の遊び方・魅力をご紹介!

ボードゲームの基本情報
タイトルクラッシュ・オブ・デッキ(Clash of Decks)
特徴クラッシュ・オブ・デッキは多くの工夫を盛り込んだ消費型の2人用ゲームで、その中でも最大の特徴は、8枚のカードデッキを構築し、そのカードを繰り返し使ってゲームを組み立てることです。 毎月発売されるこのゲームは、プレイヤーが2つのレーンにある2つの橋の両側にクリーチャーを召喚し、相手の砦、そして城塞を破壊するために攻撃します。そのためには、まず相手のクリーチャーを退治しなければなりません。 プレイヤーがダメージを受けると、手札の砦/城塞カードを左から右に移動させます。一番右の位置に到達した場合、その建物は破壊されます。 手札の枚数はそのプレイヤーがターンの最初に得るマナの量であり、敗北したクリーチャーは一番右の位置で手札に戻るので、どのクリーチャーをプレイし、どのクリーチャーを死なせるかを知ることは、ボード上の順位とライフの合計を管理する鍵となります。
プレイ人数 2 人プレイ時間 12 分
ゲームデザイナーLéandre Proust複雑さ3
アートワークClément Proust, Studio Rexard戦略4
エディターGrammes Edition1
発売日2020やり取り3

※画像・基本情報はボードゲームアリーナ公式HPより

クラッシュ・オブ・デッキ(Clash of Decks)とは?

クラッシュ・オブ・デッキは多くの工夫を盛り込んだ消費型の2人用ゲームで、その中でも最大の特徴は、8枚のカードデッキを構築し、そのカードを繰り返し使ってゲームを組み立てることです。

毎月発売されるこのゲームは、プレイヤーが2つのレーンにある2つの橋の両側にクリーチャーを召喚し、相手の砦、そして城塞を破壊するために攻撃します。そのためには、まず相手のクリーチャーを退治しなければなりません。

プレイヤーがダメージを受けると、手札の砦/城塞カードを左から右に移動させます。一番右の位置に到達した場合、その建物は破壊されます。

手札の枚数はそのプレイヤーがターンの最初に得るマナの量であり、敗北したクリーチャーは一番右の位置で手札に戻るので、どのクリーチャーをプレイし、どのクリーチャーを死なせるかを知ることは、ボード上の順位とライフの合計を管理する鍵となります。

クラッシュ・オブ・デッキ(Clash of Decks)の遊び方

ゲームの準備

ゲーム開始時、ドラフトを行って9枚のデッキを作成します。

プレイヤーは砦/城塞カードを1枚受け取ります。残ったカードをシャッフルして4枚ずつ場に出します。

最初のプレイヤーが1枚選び、2人目のプレイヤーが2枚選びます。最後の1枚を最初のプレイヤーが取ります。(A-B-B-Aの順)

最初のプレイヤーと2人目のプレイヤーの順番を入れ替えて、カードを合計8枚ひくまで繰り返します。

ドラフトした8枚のカードと砦/城塞カードが各プレイヤーの手札となります。

砦/城塞カードはゲーム開始時、「砦」側を表にして手札の一番左に置きます。

戦場となるボードの中央の上下に橋を2つ置きます。橋を挟んで左側が自陣、右側が敵陣となります。

橋を挟んだフィールドをそれぞれ「上レーン/下レーン」と呼びます。

各レーンに配置できるクリーチャー数に制限はありません。

ゲームの流れ

ターン開始時、(砦/城塞カードを含んだ)手札の枚数と同じ量のマナを獲得します。

スタートプレイヤーの1ターン目に限り、固定で6マナを獲得します。

未使用のマナは手番終了時に消滅し、持ち越すことはできません。

召喚フェイズ:手札からクリーチャーを召喚出来ます。

手札の左4枚にあるカードがプレイ可能です。(砦/城塞カードは除く)
カードをプレイするには、カードの左上に書かれた分のマナが必要になります。
クリーチャーをプレイする場合、設置するレーンを選択します。
最初に召喚したクリーチャーは橋の最も近くに配置され、以降召喚されたクリーチャーはその外側に配置されます。

攻撃フェイズ:クリーチャーのプレイ後、攻撃を開始します。

このラウンドにプレイされたカードを除いて、あなたの場に出ている全てのカードが攻撃を行います。

上レーンの「橋から遠いカード」→「橋に近いカード」、下レーンの「橋から遠いカード」→「橋に近いカード」の順に攻撃を行います。

攻撃は同じレーンにある「最も橋に近いカード」に対して行われます。

カードの左下に書かれた数値が攻撃力、右下が体力となっています。

体力以上のダメージを受けたカードは破壊されます。破壊されたカードはすぐに所有者の手札の右端に置かれます。

全てのクリーチャーの体力は、ターン終了時に回復します。

防御側にクリーチャーがおらずレーンが空の場合、戦闘ダメージは砦カードに与えられます。

与えられたダメージと同じ分、砦カードを右に移動します。

砦カードは、手札の一番右に到達すると破壊されてしまいます。その場合、城塞側を表にして、手札の一番左に移動します。

城塞カードについても、砦カードと同様のダメージ処理を行います。

呪文カード(Incantation)は、召喚フェイズか攻撃フェイズであればいつでも使用可能です。

手札の左4枚にある呪文カードがプレイ可能です。(砦/城塞カードは除く)

マナを支払うと即座に効果を発揮し、使用後は手札の右端に置かれます。

ゲームの終了条件

城塞カードが、手札の一番右に到達すると破壊されてしまいます。
城塞カードが破壊されたプレイヤーは敗北し、対戦相手の勝利となります。

※自分がカードをプレイすることで砦/城塞カードが右端に来た場合でも、砦/城塞は破壊されます。

特殊能力

  • ・オーラ(Aura): この能力は別の特殊能力と組み合わさり、隣接するクリーチャーがその特殊能力の恩恵を受ける。

 オーラによる恩恵を受けるのは隣接したクリーチャーのみであり、オーラを持つクリーチャー自身は恩恵を受けない。

  • ・狂暴(Berserk): このクリーチャーが相手のクリーチャーを攻撃して破壊するたびに、再び攻撃する。

 この能力を持つクリーチャーが防御側のクリーチャーを全て破壊した場合、砦/城塞を攻撃する。
 ※憤怒によってプレイされたターンに攻撃した場合は、上記の場合でも砦/城塞を攻撃出来ない
 この能力持ちが砦を破壊した場合に、続けて城塞を攻撃することは出来ない(砦はクリーチャーではないため)。

  • ・不滅(Indestructible): 呪文カードの効果やダメージを受けない。

 呪文による効果やダメージは受けないものの、呪文カードの対象にすることは適正

  • ・貫通(Perforation): 対象となるクリーチャーに加え、同じレーンの後ろにいるクリーチャーにもダメージを与える(砦/城塞は対象外)。
  • ・保護(Protection): 毎ターン、このクリーチャーを対象とする最初のダメージを0に減らす。

 呪文カードによるダメージも、自分が対象であれば軽減される

  • ・憤怒(Rage): 場に出したターンに相手のクリーチャーを攻撃できる(砦/城塞は対象外)。
  • ・横薙ぎ(Splash): 対象となるクリーチャーに加え、橋から同じ距離にいる隣接レーンのクリーチャーにもダメージを与える。
  • ・進撃(sprint): 攻撃フェイズでこのクリーチャーの番になると橋に最も近くなるまで移動して、攻撃ダメージに+xを加える。xは移動した際に追いこしたクリーチャーの数と等しい(移動しなかった場合はゼロ)。

 この能力によって橋に近づいた場合でも、1ターンに行える攻撃は1度のみ
 攻撃ボーナスはこのターンの攻撃フェイズの最後まで有効となる

ABOUT ME
くり坊
Web系フリーランスエンジニア